気多神社(けた じんじゃ)は、養老2年(718年)に僧行基が創建したと伝えられています。また天平年間(757~764年)に越中一ノ宮として能登一丿宮の気多大社から勧請したとも言われています。なお、富山県内には気多神社を含めて「越中一ノ宮」を称している神社が4ヶ所(雄山神社・気多神社・射水神社高瀬神社)あります。
天文年間(1532~1554年)に上杉謙信の兵火にかかり焼失したため、永禄年間(1558~1569年)頃に再建したのが現在に残る本殿と云われています。構造は、三間社流造りで正面一間の向拝があり、屋根は柿板葺きで軒は二重繁垂木です。斗キョウは和様の三つ斗で、棟下の両側面柱の上は舟肘木を用いています。向拝斗キョウは同じ三つ斗で、正面虹梁上には蟇股(かえるまた)があります。向拝柱および前面第一列の方柱を用い、他の柱は全て円柱となっています。
正面三面および両側面は吹き通しで、意匠は簡易なつくりですが木割が大きく全体に雄大な風格の本殿で室町時代の特徴を見ることが出来ます。

この参道の階段を上った正面が拝殿で、その後方に本殿(国指定重要文化財)があります。本殿の近くまでは行けませんが、拝殿の左手に回り込めば比較的よく見えます。階段上部左側の大きな杉の木は気多神社の御神木です。

気多神社 略史
天平4年(732年):能登国一宮気多大社より御分霊(大己貴命:おおなむちのみこと)を勧請し、気多大神(けたのおおかみ)として御鎮座たまわり越中国一宮・気多神社となる。
天平18年(746年):従五位下 大伴家持が第2代越中国守として着任(751年まで)
天平宝字元年(757年):能登四郡が分立し、越中国は射水・砺波・婦負・新川の四郡となる。
延長5年(927年):気多神社は、越中国34座の名神大一座として神名帳に記載される。
文治3年(1187年):源頼朝が北陸道及畿内に宣旨を下し源義経を捕らえさせようとしたが、義経は逃れ北陸道に入り如意の渡しを過ぎて北に逃れる。
天文 年中(1550年):上杉謙信の兵火により気多神社が焼失。
天保2年(1645年):加越能大守 前田利常が気多神社を崇敬し、神殿・拝殿などを再建。
慶安3年(1650年):前田利常が社領十万石を寄進して子 綱紀の安全息災を祈願。 明治2年(1869年):廃仏棄釈(はいぶつきしゃく)の令により、気多神社の本地仏を越中国分寺跡の薬師堂へ遷す。
明治6年(1873年):縣社に列せられる。
昭和6年(1931年):文化財保護法により、本殿が国の重要文化財に指定。
昭和25年(1950年):社殿修理のため、本殿の解体工事に着手。工事費340万円。
昭和51年(1970年):本殿の屋根柿葺(こけらふき)替工事完了。
平成8年(1996年):気多神社のにらみ獅子、高岡市指定無形民俗文化財に指定。

1 Comment

  1. 愚か者の私に・・・
    石鎚山の天狗様が粋な計らいをして下さいました。
    感動と感激と感謝の渦潮に巻き込まれ・・・
    心舞う四国の旅をして来れました。
    お二人に会えた事は・・・
    年末ジャンボ宝くじの一等前後賞に当たる以上の喜びです。

    箱根山の神様が高い噴煙を上げ・・・
    この数日、横浜の街からも見えて・・・
    お二人を、お待ちしている様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です